生活保護の条件

ヘッダー

生活保護の条件について

 「生活保護は日本の生活保護法よって規定させている、経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が健康で文化的な最低限の生活を保障するために保護費を支給する公的扶助制度」(引用元Wikipedia)


このように書いてあるのを見ると、非常に難しく感じますが非常にシンプルなものです。厚生労働省の定める「最低生活費」より世帯の収入が低ければその差額が支給されます。手持ちの資金(貯蓄額含む)が最低生活費を下回ると支給対象となります。この条件をクリアしている人なら下記のような人でも支給されます。


○働いている
○年齢が若い
○住民票を他の市町村においている(外国籍は例外)
○住むところが定まっていない
○持ち家がある
○年金や各種手当がある
○車を所有している(条件があります)

 

 以外に思われる方も多いと思いますが、このような条件でも受給可能なのです。1つ1つ説明していきましょう。
働いていても最低生活費が下回っていると差額分が支給されます。給料の一部は経費として認められているので、手取り額最低生活費に控除額を加えた金額となります。

 

年齢も健康状態も関係ありません。ですが、仕事を探しても見つからない事を説明するのが重要になっています。住民票が他の市町村においてあっても可能ですが、その場合1ヵ月以上その市町村に住んでいる事が条件となっています。住むところが定まっていなくても、現在地の役所で申請可能です。新住居の資金、家財道具代も出ますが、金額が決まっており各費用の見積もり証を提出する必要があります。


持ち家があっても受給されますが、高価な場合は売却するよう指導があります。時価2000万円〜30000万円程度が目安です。住宅ローンを払い続けることはできません。65歳以上の場合は自宅を担保に貸付を受けるよう言われることもあります。各種手当がる場合、最低生活費の差額分が支給されます。
よく、「車を所有していては生活保護は受給できない」と勘違いされている方が多いですが、車の価値は低いとされています。1年以内で再就職の見込みがる、仕事用に必要、公共交通機関かた遠く生活に車が必要不可欠、障害があるため必要などの条件に該当していれば受給可能です。


そのほか、保険を解約しなくてはいけない等もありますが、解約し返納額が50万円未満、学資保険は将来子供の事に関わってくるので対象外となり月々の掛け金が数千円のもは契約を持続することができます。ただし、月々の掛け金が高い場合には指導を受けます。
窓口の職員が断る口実に上記のことを言い、生活保護の受給条件を難しくとらえてしまいがちですがそれは大きな誤解で実は非常に簡単なのです。

 

ページ上に戻る

生活保護について